ファイヤースティックの寿命は何年?古くなると起きる現象や買い替えしたときの設定についても | 元土木建設やの人のブログ

ファイヤースティックの寿命は何年?古くなると起きる現象や買い替えしたときの設定についても

ファイヤースティックの寿命は何年?古くなると起きる現象や買い替えしたときの設定についてもamazon
スポンサーリンク

※このページではアフィリエイト広告を紹介している場合があります。

ファイヤースティックリモコンを気づけば長く使っているけど、どれくらいで寿命になるのか気になりますよね。

また最近、動作が重い・動かなくなることがあると、「もう寿命なのかな?」と買い替えを考えることもあるのではないでしょうか。

使用頻度や扱い方にもよりますが、ファイヤースティックリモコンに明確な寿命はありません。

しかし、小型の電化製品などはだいたい3年ほどが寿命目安となるので、もし動作がおかしい、動きが鈍い、点滅することがある、といった使いにくさを感じていたら、寿命がちかいのかもしれません。

ここではファイヤースティックリモコンの寿命や故障前におこる現象などについて解説します。

スポンサーリンク

ファイヤースティックの寿命は何年?

ファイヤースティックリモコンの寿命は明確に何年と決まっているわけではありません。

また寿命は使用環境にもよるので、かなりの頻度で使っているなら早めに寿命が来る可能性が高いですし、あまり使っていないのなら長く使える可能性が高いです。

ちなみにイヤホンの寿命は3年ほどと言われています。

ですので、よっぽど雑な扱いをしない限りは3年くらいは動いてくれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ファイヤースティックリモコンが古くなるとどうなる?

ファイヤースティックリモコンが古くなったり、故障しかけていると以下のような現象がたびたび起こる可能性があります。

  • 動作が重い
  • リモコンの反応が悪い
  • 動画の途中で途切れる

また、古いモデルを使っているときも上記のような現象が起きることもあります。

とくに毎日使っている人なら、サクサク動かなかったり、見ていた動画が途中できれるなんてことがあるとイライラしますよね。

そのような現象が頻繁に起きるようであれば、新しいファイヤースティックリモコンに買い替えしたほうがいいかもしれません。

特に第2世代のファイヤースティックリモコンを使っているなら最新のモデルに買い替えることをおすすめします。

動作が段違いでよくなりますよ。

スポンサーリンク

ファイヤースティックリモコンの買い替え時の設定

ファイヤースティックをリモコンのみ買い替えた場合と、新しくセットで買い替えた場合についての設定を解説します。

ファイヤースティックリモコンのみ買い替えた場合

ファイヤースティックリモコンのみ買い替えた場合は、新しいファイヤースティックリモコンを登録する必要があります。

ファイヤースティックリモコンを登録する方法
  • STEP1
    Fire TVの設定に移動します。
  • STEP2
    コントローラーとBluetoothデバイスを選択します。
  • STEP3
    Amazon Fire TVリモコンを選択します。
  • STEP4
    ホームボタンを10秒間長押しして、リモコンをペアリングします。

ファイヤースティックを本体ごと買い替えた場合

設定方法はとても簡単で、テレビ裏のHDMI接続口に新しいFire TV Stickの本体を差し込み、画面に表示される内容に従って入力するだけです。

Wi-Fiのパスワードが必要になるので控えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その他のファイヤースティックリモコンの不具合

そんなに使っていないのにごくたまにファイヤースティックリモコンの動作がおかしくなる、という場合は一時的な不具合かもしれません。

また寿命と言われるくらい使ってないのに動作しない、という場合はペアリングが外れていたり、電池がないだけかもしれません。

ファイヤースティックリモコンの動作不良の時の直し方はこちらも参考にしてみてくださいね

スポンサーリンク

まとめ

ファイヤースティックリモコンの寿命は明確に何年と決まっていませんが、小型家電の場合は3年ほどが寿命の目安となりそうです。

とはいえ、使用頻度や扱い方など使っている人の環境によっては寿命よりも早く故障したり、逆に3年以上使えることもあります。

3年ほど使っていて最近動作がよくないと感じているなら買い替え時かもしれません。